グローバルライフ株式会社 | Global Life staff’s diary

グローバルライフ株式会社 | Global Life staff’s diaryです

グローバルライフ株式会社 | Global Life 長寿の秘訣

グローバルライフ株式会社 | Global Life スタッフです。

 

日本は世界からみても長寿国として有名です。
100歳を超える方も沢山いらっしゃいます。
先月の経済新聞にもありましたが、100歳を超える方はここ47年連続で増加しており、現在はなんと6万7千人もの方がいらっしゃるとか!
高齢の方は117歳だそうです。すごいですね!
今日はその長寿の秘訣を調べてみました!

 

参考URL

100歳以上、最多の6万7千人 最高齢は117歳 :日本経済新聞

100歳まで生きる秘訣! - NAVER まとめ

f:id:globallife_staff:20171013121139j:plain

1,食べておきたい食材
-コーヒー-
コーヒーにはリラックス効果やカフェインで様々な病気から守ってくれます。毎日一杯のコーヒーを
心がけましょう。

-大豆-
大豆には豊富なタンパク質だけでなく体に良い効果を沢山持っています。日本食にはたくさんの大豆
が使われていますので日本食で大豆の栄養を摂りましょう。

-酒-
程よい酒は健康に良いと言うのは本当です。さらに酒を飲んで人とのコミュニケーションが弾めばそ
れでストレス解消や生きがいを感じることができます。

-乳製品-
骨を作ったりリラックス効果がある乳製品は毎日摂ることで健康を維持することができます。少しで
もいいので乳製品を摂取する習慣をつけましょう。

-チョコレート-
チョコレートに含まれているカカオにはリラックス効果や抗酸化物質が沢山あります。あまり甘くな
いチョコレートを摂取することで健康を維持できるでしょう。

-りんご-
酵素や食物繊維が多く含まれるりんごを食べることによって寿命を延ばすことにつながります。果物
の中でもこれほど多くの栄養を含んでいるのはりんごくらいです。

-オリーブオイル-
オリーブオイルは肌をきれいにするだけでなく長寿に効果があります。血液をサラサラにして様々な
病気から守ってくれます。

-味噌汁-
味噌汁は大豆を発酵させて長寿の効果があることで昔から有名です。
味噌汁に限らず大豆は健康に良い食材として知られています。

2,行いたい習慣
-時間をかけて食べる-
食事の際はしっかり噛んで時間をかけて食べることで胃の消化を助け長寿に効果があります。また極
力人と一緒に楽しく食事するように心がけましょう。

-3食食べる-
人間1日3食というのはやはり理由があるようで健康に良い影響を与えてくれます。いくら忙しくても
3食を心がけましょう。

-腹八分目-
飽食時代の現代人は食べ過ぎの人が多くいますね。なんでも食べれるからついつい食べ過ぎてしまい
がちですが腹八分目を意識しましょう。

-体型を維持する-
若い頃と比べて急激な体型の変化は体に過大な負担をかけてしまいます。若い頃の標準体型を維持す
る努力をしましょう。

-前向き思考-
気持ちは人間の寿命に大きく関わります。生きてれば嫌なことに出くわしますがそれを前向きに考え
るだけでストレスを排除し長生きになります。

-運動をする-
インドアの人よりもアウトドアの人のほうが長寿であるという研究結果が出ています。1日の中に少
しでも体を動かす時間を作るようにしましょう。

-ときめきを忘れない-
もう年だから恋なんてと言わないで人を好きになることで精神面に良い影響を与えてくれます。いつ
までも人にときめいて生きましょう。

-笑う-
人間だけに与えられた感情の笑いは自分を幸せにするだけでなく長寿にも効果的です。どんな時でも
笑顔を絶やさず生きていきましょう。

-挑戦をやめない-
人間は目標があるから毎日挑戦して生きています。もし目標を失ったら生きがいがなくなったのと同
じで一気に老けてしまいます。

 

 

こうしてみると、食べるものと運動に気を付け、ポジティブで感情豊かに生きることが長寿の秘訣と
言えるのではないでしょうか?
皆様も是非実行してみてくださいね!

 

太陽光・蓄電池の事ならグローバルライフ株式会社までお問い合わせください!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

グローバルライフ株式会社 | Global Life
〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-2-1 アルカイースト4F
TEL 03-6853-8800
FAX 03-6853-8801
お客様窓口 お問合せ/お見積り
TEL 0120-997-229

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■